他には

ナースコールを押す

がんの中でも、胃がんや肺がんは、かかってしまう人が多い病気です。
その為、胃がんや肺がんに注意を促す情報は、がん情報の中でも多く存在します。

しかし、がんと言う病気は、胃がんや肺がんだけではありません。他にも乳がんや子宮がん、肝臓がんと言ったがんが存在するのです。
その中でも特に注意しておきたいのが、大腸がんや膵臓がんです。大腸がんや膵臓がんは、亡くなった患者が胃がんや肺がんに次いで多いがんです。その為、これらのがんも充分に理解しておく必要があります。

まず大腸がんは、早期であればほぼ100%近くが完治できるがんです。その為、早急に気づく事が望ましいと言えます。
しかし大腸がんの難しい所は、早期に場合だと自覚症状を感じにくい病気だと言う点です。その為、早期に発見するには、検査を充分に行っておく必要があります。
大腸がんは、進行してしまうと、まず便に異常をきたします。便に血が混じっていたり、便が細くなる事等の異常をきたします。
また他には、腹痛や下痢等の症状を繰り返して感じる場合もあります。その為、便やお腹の調子が悪いと感じた際には、大腸がんを疑ってみるべきです。

膵臓がんは、患者数としては多くないがんですが、がんの中で比較的死亡率の高いがんだと言われています。その為、出来るだけ症状が悪化する前に発見しておきたいと言えます。
まず膵臓は、食事で得たエネルギーをブドウ糖に変える為に必要な器官です。ブドウ等に変化させる為の消化酵素や、ブドウ糖の活用に必要なホルモンを分泌する器官です。
この器官がなければ、食事で得たエネルギーをブドウ糖に変化する事が出来ません。
膵臓ががんに侵されてしまうと幾つかの症状を感じます。まずその中の1つが食欲減退です。食欲の減退は、季節の変わり目等で感じやすい人もいるので、病気の症状だと気付きにくいと言えます。
またお腹の不快感を感じる事もあります。特に重い、苦しいと言った不快を覚える事が多いでしょう。お腹だけではく、身体全体が重いと感じる場合もあります。
他には、尿量の増加やのどの渇き等が症状として挙げられます。
このような症状を感じたら、膵臓がんを疑っておきましょう。

がんは、早期発見できるかどうかで完治率が大きく変動する病気です。その為、これらの症状を感じていないかを意識するのと同時に、検査を受けておく事も忘れないようにしましょう。